いつまでも美肌を保つために必要なこととは

MENU

美肌に大事なこと

 

肌に大事なプロセスは大きく3つに分けられます。

1.保湿
2.ターンオーバー
3.抗酸化

この3つはスキンケアの要となるだけではなく、食事においても重要なポイントとなります。

 

 

保湿

肌は奥深くにある真皮と、その上にある表皮から出来ています。
表皮の一番上、肌表面に近いところにあるのは「角質層」です。
真皮と表皮の境目にあるのは、細胞が生まれる「基底層」という層です。

 

肌がキレイと言われる人はこの角質層に水分がたっぷりと蓄えられています。
スキンケアで、つい私達は肌表面を潤すことを考えてしまいますが、ローションで水分を補っても、すぐに蒸発してしまいます。
大切なのは、「水分を保てる肌になる」ことです。
たとえば、肌本来の保湿因子に似たセラミドを補えば水分が蒸発しにくいもっちりとした肌になります。
あるいは、サプリメントで補っても意味がありませんが、ヒアルロン酸はスキンケア成分として肌表面に潤いを与えてくれます

 

 

 

ターンオーバー

基底層で新しい肌細胞が生まれると、それは徐々に肌表面へと上がっていきます。
角質層にある古くなった細胞は死んで剥がれていき、新しい細胞にとって代わります。
これがターンオーバーと言われる肌の代謝のメカニズムです。
ターンオーバーが活発なら、くすみやごわつき、シミとは縁がないピカピカ肌でいられるはずです。

 

ただし、ターンオーバーの速度は年齢を重ねるにつれて次第に落ちていきます。
美肌に関心のある方なら「肌細胞の生まれ変わりは28日間」と聞いたことがあるかもしれませんが、これはあくまで平均です。
年齢を重ねたおばあさんなら40日くらいかかるというケースもめずらしくありません。

 

美肌に欠かせないターンオーバーを促すためには外側からのスキンケアだけではなく野菜中心の食事や適度な運動、充分な睡眠、活発なホルモン分泌など内側からの働きかけが重要です。
肌のターンオーバーを司っているのは酸素ですので、酸素がうまく働くようにビタミン・ミネラルをバランスよく摂らなければなりません

 

 

 

抗酸化

美肌は「抗酸化」なくしてはありえません。
というのも、美肌の大敵とされる要因-紫外線・ストレス・喫煙・食生活の乱れ・運動不足・ホルモンの影響などはすべて身体に「サビ」を生じさせる原因になるのです。
そのサビを生じさせるのが、活性酸素と呼ばれる物質です。
紫外線を浴びたりタバコを吸ったりすると体内に過剰な活性酸素が生まれます。
これは不安定な物質なので体内をさまよい、次々と細胞を攻撃します。
シミ・くすみ・たるみ・シワといった肌の悩みは活性酸素による攻撃で生まれているわけです。

 

体内でこの酸化を防いでくれるのが抗酸化物質です。
身近なところで言えば、ビタミンCやE・ベータカロテンなど野菜に多く含まれる成分です。

 

また、植物の色素や苦味に含まれるポリフェノールという成分も、抗酸化作用を持つことで有名です。
身近なところで言えば、緑茶成分のカテキン・ブルーベリーに含まれるアントシアニン・赤ワインに含まれるレスベラトロールなどです。

 

トマトなどに含まれる赤い色素・リコピンにも抗酸化作用があり、化粧品に応用しているメーカーもあります。

 

その他血流マッサージなどをして血行をよくする方法もあります。