あなたの皮脂レベルはどのくらい?!

MENU

皮脂レベルチェック

 

自分の皮脂分泌がノーマルかどうかをチェックする方法をご紹介します。
夜洗顔を済ませたら、スキンケアをせずにそのまま寝ます。
6~7時間後に起床し、起きてすぐに顔にティッシュ1枚を手で押しつけてのせてみます。

 

正面を向いた状態でティッシュが落ちる人は乾燥肌
下を向いた状態でティッシュが落ちる人は乾燥肌
下を向いてもティッシュが顔に貼りついたままだとオイリー肌

 

皮脂が足りない乾燥肌ならもっと油分の多い化粧品を、オイリーな人は化粧水やジェルなど、
潤いのケアをすると、脂分と水分のバランスが取れて、テカリとは違うみずみずしさが表れます。

 

 

 

皮脂分泌、眼精疲労には「ビタミンB2」

 

肌の乾燥とニキビ。
一見すると「皮脂分泌が足りない肌」と「皮脂分泌が多すぎる肌」と真逆のように感じられますが、案外、その根っこは同じところにあるものです。
疲れ目や口内炎、コシのないペシャンコ髪も同じ根っこを抱えています。

 

そのようなトラブルに効果を発揮してくれるのが、ビタミンB2です。
耳にしたことが多いと思います。
ビタミンB2は細胞の成長や再生を促してくれるとても大切な栄養素です。
皮膚や髪、爪、さらには粘膜を健康に保つのにも一役にも二役も買ってくれている水溶性ビタミンです。
皮脂の分泌をコントロールしてくれるので、脂漏性の皮膚炎(皮脂の分泌が多く、その周囲に炎症をおこしてしまう症状)の治療にも積極的に用いられています。
さきほど述べたように粘膜にも働きかけるビタミンなので、これが不足すると肌や髪がもろくなるだけでなく、目の充血や眼精疲労など、目の粘膜にまつわるトラブルが起きやすくなるのが特徴です。

 

また、脂肪をエネルギーとして使うときに、中心的な役割を果たすことでも知られています。甘いものや乳製品など脂質を多く摂りがちな人は、ぜひビタミンB2を摂ってエネルギー代謝を促してください。

 

食品から効率よく摂取しやすいのも特徴で、たとえば納豆・卵・焼き海苔などそのまま食べれるものに含まれています。
熱にもかなり強いため、加熱調理してもかなりのビタミンB2が摂れるというのも魅力的です。
ただし水溶性なので、煮汁に溶け出しやすい点はご注意です。
お味噌汁など汁ごと食べられる調理法がベターです。

 

>>肌にいい飲み物はこちら!