肌に潤いを与えるスキンケアの原則

MENU

デイリースキンケア

 

化粧水

化粧水は「惜しまずたっぷり」が原則です。
乳液や美容液は過剰なほど肌に与えている人が多いのに、なぜか肝心の化粧水に関しては足りない人がとても多いのです。乾燥肌の人はもちろん、脂たっぷりのオイリー肌の人でも水分は不足しがちです。

 

高価な化粧水を少量使うよりも気軽に買える値段のものを潤沢に使って、肌に水分を行き渡らせましょう。化粧水は肌にうるおいを与えると同時に、水の力で肌を引き締めます。

 

 

コットンに化粧水を含ませます

中指と薬指にコットンをのせ、人さし指と小指ではさんで化粧水を含ませます。
肌をパッティングした時に化粧水が飛び散る程度が使用料の目安です。

 

下から上にパッティング

下から上にパッティングします。目の周りは軽く押さえるように。
肌を持ち上げるような感覚ですみずみまで丁寧に。

 

手の甲をほおに当てて、うるおいチェック

手の甲をほおに当ててみて、ひんやりしていたらうるおいOK

 

手のひらで押してなじませる

化粧水をなじませます。手のひらでギュッと押し込むように。

 

 

 

触ってみてしっとり感が足りないようならさらにパッティングをしましょう。
化粧水の水分が肌の表面に残っているうちに乳液をつけると、肌と乳液の間に水分がはさまって乳液がうまくのりません。
手のひらで触ってみて、化粧水が肌になじんだことを確認してから乳液をつけましょう