果物を摂取して美肌へ!果物に豊富に含まれるビタミン類はお肌に良い。

MENU

果物は美肌になる?

 

フルーツ

 

多くの女性にとってお肌のケアは日常的に行うべき義務のひとつとして認識されていますが、美しい素肌を手に入れるためには化粧水やパックなどを使った外部からのアプローチだけでなく体内からのアプローチも重要となってきます。

 

お肌に良い栄養素としてはビタミンCをはじめとした「ビタミン類」が有名ですが、このビタミン類を多く含んでいるのが「果物」です。

 

ほとんどの果物はお肌に良い栄養素を豊富に含んでいますが、中でも「バナナ」はビタミンBやビタミンC、カロテンといった美肌を目指す為に必要不可欠な栄養素をたっぷりと含んだフルーツとして知られています。

 

また、バナナには肌荒れの原因となる便秘を防止する食物繊維も多く含まれている為、身体の内側からアプローチするのに最適な果物と言えます。

 

また、美肌の代名詞としても知られるビタミンCは「レモン」に多く含まれている事は有名ですが、レモンに含まれるビタミンCには抗酸化作用があるので老化の原因となる活性酸素の除去やシミの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐ効果が期待できます

 

ちなみにビタミンCはレモンだけでなく「キウイフルーツ」などにも豊富に含まれています。

 

私たちが普段よく目にする果物としては「リンゴ」が非常にポピュラーですが、このリンゴにも美肌を作るための栄養素がたっぷりと含まれています。

 

リンゴに含まれるポリフェノールは強力な抗酸化作用があり、お肌の老化を進行させる原因となる活性酸素を強力に除去してくれます。また、お肌を若く保つのに有効なエラスチンやコラーゲンも豊富に含まれています。

 

オレンジ」にもビタミンCが豊富に含まれていますが、それ以外にもお肌に良いとされるβ-カロテンやビタミンB1、B2なども豊富なので美肌を目指すのに最適なフルーツとして高い人気を集めています。

 

オレンジの中でも「ブラッドオレンジ」はエイジングケアに高い効果を発揮するアントシアニンが豊富に含まれている為、日常的な摂取で肌の老化を効果的に予防できます。