睡眠が肌に及ぼす影響とは?

MENU

睡眠と肌の関係

 

睡眠はきれいな肌を作ります。
美肌に大事なことはこちら

 

睡眠時間、睡眠をとる時間帯、睡眠の質について考えてみましょう。

 

理想的な睡眠時間

年齢や、労働内容、体質によって差がありますが、成人では、7時間から9時間が適当な睡眠時間と言われています。
頭脳労働の多い人は、睡眠時間を少なめに、肉体労働の人は睡眠時間を多めに摂ることが必要です。
平均的な睡眠時間にとらわれることなく、自分が起きている間、快適に活動できる時間が、あなたにとっての理想的な睡眠時間です。

 

睡眠をとる時間帯

個人差に関係なく、22時から6時までの間が最も適切な時間帯です。
この時間帯が、人間の持っている本能的なリズムに最も合った睡眠時間だからで質の良い睡眠、効率の良い睡眠につながるからです。

 

 

睡眠の質

脳と身体を休め、免疫力を高めるとともに、美しい肌を作るためのターンオーバーの周期を正常にする働きをします。脳と身体が、毎日休息をとることができれば、肌や身体に悪影響を与えるストレスもたまりにくくなります。
ちょっとした物音で目が覚めてしまったり、夢を見続けたりするような睡眠は、脳が休息していない睡眠なので、睡眠時間が長くても、睡眠の効果は低く、身体も脳も十分な休息を得ることができません。

 

 

それではどのようにしたら、質の良い睡眠をとることができるでしょうか?

まず、22時から24時の間に、就寝することが大事です。
人間の身体は22時を過ぎると、睡眠に向けて自律神経が準備を始めますので、22時を過ぎたら食べ物やアルコールの摂取を控え、ゆったりした気持ちになれるような工夫をしましょう。

 

神経が興奮した状態のまま、ベッドに入っても、寝付けず、ストレスを感じてしまったりします。
仕事の疲れを癒すために、ゆっくり入浴したり、音楽を聴いたり、アロマキャンドルを使ったり、自分にあった、居心地の良い時間を過ごすことで、神経を休め、入眠しやすい状態を作りましょう。