肌にストレスを与えない「筆洗顔」とは

MENU

肌に負担をかけない筆洗顔

 

肌にとっていちばんよくない洗顔法は、ゴシゴシ顔をこすって、肌に余計な刺激を与えることです。
炎症の原因にもなり、繰り返し不要な力が加わることで肌にはダメージが貯蓄していきます。

 

せっかく浮き上がった汚れを毛穴に押し戻すことになり、それが肌のくすみニキビを引き起こす原因になったり、とりすぎた皮脂を補おうとして過剰に皮脂を分泌させたり、角質がとれすぎて紫外線の影響を強く受け、しみしわができやすくなったりします。

 

かといって、フワフワの泡でやさしく包むだけでは、小鼻のきわなど脂っぽくなりやすい部分まできれいに洗うことができず、汚れが残ってしまうことにもなります。
毛穴などに残った古い皮脂が酸化すると、これもしみやくすみの原因になります。

 

理想は、肌に不要な刺激を与えず、汚れや余分な皮脂のみをしっかりと取り去る洗顔です。

 

この条件を満たすのが「筆洗顔」です。
細かい筆先が毛穴の奥まで入り込んで汚れをかきだしてくれるまで、肌に力がかかりすぎることはありません。使用する洗顔料はいつも使っているものでかまいませんが、あえてあげるとすれば泡立ちがよいものをオススメします。

 

肌にやさしい筆洗顔とはいえ、やりすぎに気をつけ皮脂が酸化している夜の洗顔時に行うのが効果的です。

 

筆洗顔のやり方

絵の具の筆を用意します。
未使用のもので黒毛の先が平らな平筆が適しています。

ぬるま湯で顔全体をぬらします。入浴時にお風呂で洗うと毛穴がひらきやすいでしょう。
洗顔を泡立てます。泡立て用のネットを使って泡立てると便利です。
まずTゾーンなどの皮脂の多い部分から、頬など乾燥しやすい部分の順に泡をのせていきます。
軽くぬらした筆で、小さな円を描くようにやさしく洗います。感想を感じる部分、肌荒れなどトラブルを起こしている部分は避けましょう。
ぬるま湯で泡を洗い流します。髪の生え際は泡が残りやすいので注意しましょう。
洗顔後は普段と同じ化粧水などでケアをして、筆はしっかりすすぎ乾燥させておきましょう。