毛穴を閉める効果のある「スプーン・パッティング」とは

MENU

毛穴を活性化

 

毛穴の開きが気になるという声をよく耳にします。
毛穴は肌にあって当然のものですが、現代の私達は毛穴が開きやすい環境におかれています。
もともと毛穴には自分で開いたり閉じたりする機能が備わっています。
ところが、エアコンなどの普及によって、夏でも冬でも快適な温度の中に暮らす現代人は、
毛穴を開閉させる機会が極端に減っています。

 

しっかり毛穴を開閉させる方法として「スプーン・パッティング」はとても効果的です。
まず、冷やしたスプーンの冷たさが温度刺激になり、毛穴を引き締めます。
さらに、たたくことによって肌の毛細血管が勢いよく動き出し、酸素や栄養たっぷりの血液が流れ込むと、停滞していた老廃物が運び去られて、しみやくすみも解消します
普段は使わない顔の筋肉も刺激が波及して、ほおやフェイスラインのたるみを引き上げる効果も期待できます。

 

こうした、肌をたたく刺激法はエステでも取り入れられている技術ですが、一般の人がまねようとすると、つめで肌を傷つけてしまったり、無理にこすって肌に負担をかけて逆効果になることも多いのです。
その点、スプーンを使えば、程よいカーブと重さで、適度な刺激を与えることが出来ます。
まずは軽めのスプーンで、むくみを感じるときなどに試してみて下さい。

 

 

スプーン・パッティングのやり方

■point
・氷を入れたコップにスプーンをつけておき、よく冷やします。
・スプーンの背の丸くカーブしたほうを刺激します。
・スプーンの柄の端を持ち、手首のスナップをきかせて軽くたたきます。

 

たるみとりのパタパタケア
洗顔後、冷やしたスプーンで頬骨の下の柔らかい部分をパタパタたたきます。
ほんわり温かくなってくるまでパッティングして終了です

 

毛穴の開きにペタッとケア
頬骨をたたくと痛いので、ペタペタと軽く押し当てるようにします。
加える力はパタパタケアの3分の1程度です。

 

グイッとリンパ流し
あご先からスタートしてフェイスラインに沿って、耳の下のリンパ節まで、スプーンをクイクイと押し当てます。