黒ずみを残さない為の毛穴対策をしましょう

MENU

毛穴対策

 

黒ずみを作らない為には、肌に無駄な脂質や汚れを残さないことです。

 

夏場は特に、日焼け止めクリームと下地クリーム、ファンデーションを重ね塗りしていることや、度々の化粧崩れと化粧直しによって、日焼け止めクリームやファンデーションが、毛穴に詰まってしまっています。

 

出来るだけ、メイクをしている時間を短くするように心がけ、帰宅したらすぐに洗顔しましょう。

 

日焼け止めクリームやファンデーションは、洗顔料だけでは落ちませんので、油性のクレンジング剤でしっかり落としてから、洗顔料で洗顔します。
洗顔は、自分お肌のタイプに合わせた洗顔方法でしましょう。
基本の洗顔方法はこちら

 

肌の状態が、ごわごわしていて、ところどころ粉を吹いたようになっているようであれば、古い角質が除去されていないということです。

 

このタイプの肌は、ターンオーバーが、通常より長くなってしまっていて、古い角質が肌に残っている→新陳代謝がスムーズに行われない→古い角質が剥がれないという悪循環を繰り返しています。

 

この状態を改善する為には、しっかりとした洗顔が必要です。

 

しっかり洗顔して古い角質を取り除く、十分な保湿をすること、血行を良くすることで新陳代謝を促すことが大切です。週に1回程度、ピーリングをしても良いし、洗顔後、スチームや蒸しタオルで毛穴を開き、オイルマッサージをするのも効果的です。
マッサージのあとは、再度軽く洗顔をして、オイルをとり、十分に保湿しましょう。

 

 

肌の状態が、過剰な洗顔や乾燥のせいで、外部からの刺激を受けやすくなっている場合には、泡で押さえるだけの肌に負担をかけない洗顔をし、オイルマッサージや、ピーリング、スチームをあてるということは避けて下さい。

 

洗顔後は、タオルで肌を刺激しないように、タオルを押し当てるようにして水分をぬぐい、十分に保湿することが大事です。美容液や化粧水で保湿パックをするのが効果的です。

 

このタイプは黒ずみができてしまっても、洗顔以外の方法は肌に負担がかかって対処できないので、毎日の洗顔を丁寧に行い毛穴汚れを溜めないことが大事です。