大人ニキビを悪化させない洗顔方法とは

MENU

大人ニキビは正しい洗顔で治しましょう

 

思春期には、男性ホルモンが増えるので、
皮脂の分泌が増えてニキビができやすくなりますが、
大人ニキビの場合には、

  • 外的なストレス
  • 内的なストレス
  • 偏った食生活
  • 腹側な生活習慣

などが原因です。

 

正常な状態の肌であれば、分泌された皮脂は皮脂膜になって肌を守りますが、皮脂の分泌量が増えると、毛穴に詰まり、毛穴の中で角質と混ざってコメドという塊になってしまい、そこにアクネ菌などの細菌が繁殖して、炎症を起こしてニキビになってしまいます。

 

ニキビの対処法は、丁寧な洗顔をして肌を清潔に保つことですが、それと同時に、ただのターノーバーの周期が乱れないよう、しっかり保湿をして、代謝が落ちないように心がけ、古い角質が残らないようにすることが大切ですので、脂質だけではなく、角質も除去する効果のある洗顔料を使うようにしましょう。

 

ただし、ピーリングやこすり洗い、強い洗浄力の洗顔料などで、必要以上に角質を取り除くと、反対に、ターンオーバーの周期が短くなりすぎ、まだ十分に表面に上がってくるまで育っていない細胞が、表面に上がってきてしまいます。

 

その為、刺激に弱い敏感肌になってしまうので、洗顔方法、洗顔料には十分な注意が必要です。

 

思春期のニキビの場合には、殺菌作用の強い洗顔料を使ったりしますが、大人のニキビには、強い殺菌力の洗顔料よりも、水分を奪い過ぎない洗顔料、肌に負担をかけない洗顔料を使うことを心掛けましょう。

 

他のページでも触れましたが、合成界面活性剤を使った洗顔料を避け、植物性の油脂から抽出された成分を使った自然素材で作られた石鹸を使うようにしましょう。洗顔フォームより、石鹸の方が肌に負担が少ない型です。
使ってはいけない洗顔料はこちら

 

代謝を促すためには、洗顔後、冷たいタオルと暖かいタオルを交互に肌にあて、血液やリンパの循環を良くする、スチームなどで毛穴を開いた後に、化粧水でパックをするなどの方法か有効です。